TOP > 公共施設の案内 > 福祉・保健機関 > 保健センター > 新着情報 > 北海道におけるまん延防止等重点措置について(令和3年8月2日)

北海道におけるまん延防止等重点措置について(令和3年8月2日)

 8月2日から8月31日までの期間において、北海道がまん延防止等重点措置の対象となりました。
 そのほか、同じく8月31日まで沖縄県、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府が緊急事態宣言、石川県、京都府、兵庫県、福岡県がまん延防止等重点措置の対象となっています。

 これを踏まえ、北海道は 札幌市内を措置区域として、不要不急の外出を控える、人と人との接触の低減などのより強い対策を行うこととしています。
 また、そのほかの市町村に対しても、感染予防対策の徹底などの要請がなされています。

【要請内容】

日常生活においては

・「三つの密(密閉・密集・密接)」を避ける
・感染リスクが高まる「5つの場面(飲酒を伴う懇親会等、大人数や長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、居場所の切り替わり)」等を避ける
・人と人との距離の確保
・マスクの着用
・手洗いなどの手指消毒


 また、外出の際は、

・感染リスクを回避できない場合、できる限り外出を控える
・できる限り、札幌市との往来を控える
・お盆を含め、夏休み期間中は家族など普段会う人と過ごす
・極力都道府県間の移動は控える

 特に、飲食の際は、

・路上・公園等における集団での飲酒など、感染リスクが高い行動を控える

・食事は、「4人まで、短時間、深酒せず、大声出さず、会話はマスク」


詳細につきましては、下記をご覧ください。


北海道におけるまん延防止等重点措置(令和3年7月31日)PDFファイル(229KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ先

保健福祉部健康推進課保健予防係

電話:0158-24-3355

お知らせ

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925