紋別市立博物館

郷土の博物館

 
 漁業開拓を紹介する「ハマ」、生活や農業、林業の用具を紹介する「オカ」、砂金・鉱石・金などの地下資源を紹介する「ヤマ」3つのテーマと、旧石器時代から現代に続く紋別の歴史を精密なジオラマで紹介する「紋別ストーリー」をもとに見ごたえのある展示をしています。

 その他、収蔵展示室のゴマフ、ワモン、クラカケなどのアザラシ類やトド、オットセイ、キタキツネ、オオワシのはく製、エントランスホールでは、体長6メートルのコイワシクジラの骨格標本など北海道・オホーツク地方に生息する動物たちを多数展示しています。

基本情報

外観

オープン

2002(平成14)年4月

開館時間

9時30分~17時
(注)貸室の利用時間は9時~22時まで

受付

 入館料無料(貸室は一部を除き有料)
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、受付にて緊急時連絡先をご記入いただきます。

休館日

毎週月曜日、
年末年始(12月28日~1月4日)、
祝日の翌日(土曜日・日曜日を除く)

関連施設開園中
【旧上藻別駅逓所】
4月26日(火)~

【オムサロ遺跡公園】
5月1日(日)~

博物館貸室「生涯学習スペース」


 生涯学習スペース(市民ギャラリー・郷土学習室・工芸室・窯室)を貸室しております。予約は​お電話か博物館受付横の貸室窓口にて受付いたします。また、予約と合わせて使用日の3日前までに申請書の提出が必要です。
 予約状況については、公共施設の予約状況をご覧ください。

郷土学習室

「郷土学習室」…会議や説明会でご利用しやすいお部屋です。講演会や講座なども開催されます。


工芸室


「工芸室」…工作や作業に向いているお部屋です。ぜひサークル活動にもご活用ください

貸室ご利用の方へ
貸館時間区分・料金表
使用料はこちら

新型コロナ感染症対策 
貸室利用団体様へ
注意事項

※市外の方には申請書・承認書(複写式)を郵送し、記入し送付いただいたら承認書を再送致します。
​※博物館市民ホールについても事前予約が必要です。

まちなか芸術館のご案内はこちら

令和4年7月主催事業等のご案内

紋別市立博物館主催 事業名 要項 内容
紋別市立博物館開館20周年記念事業「懐かしの名寄本線 開通100年記念鉄道展」このリンクは別ウィンドウで開きます 日 時 7月16日(土)~8月28日(日)9:30~17:00
場 所 市民ギャラリー

紋別駅の開業100年を記念し、駅構内ジオラマや鉄道員の制服等を展示、駐車場では小学生以下対象でミニ鉄道を運行します。
紋別市立博物館開館20周年記念事業 講演会 日 時 8月7日(日)13:30~15:30
場 所 郷土学習室                        対 象 一般
参加料 無料                 
元国鉄マンによる講演会です。
子ども考古学体験第2回「あみかご作り体験」このリンクは別ウィンドウで開きます 日 時 7月17日(日)13:30~15:30
場 所 工芸室
対 象 小学3~6年生
定 員 12名(※要申込み、先着順)
参加料 無料
持ち物 飲み物
服 装 マスク着用
縄文時代から作られてきた「あみかご」をクラフトバンドで作ります。
一般主催 事業名 要項 内容
渡辺信夫写真展「JAZZ LIVE IN TOKYO」 日 時 7月3日(日)~7月24日(日)9:30~17:00                 場 所 市民ホール                           主 催 紋別ピンホールクラブ 渡辺信夫氏による、ジャズライブの写真展です。
渡辺信夫トークショー 日 時 7月17日(日)14:00~15:00                  場 所 郷土学習室                                主 催 紋別ピンホールクラブ 渡辺信夫氏によるトークショーです。
日本習字澄心教室作品展示会 日 時 7月26日(火)~8月7日(日)9:30~17:00          ※初日は13時から、最終日は15時まで              場 所 市民ホール                           主 催 日本習字澄心教室 日本習字澄心教室による、書道の展示会です。


なお、過去の事業の様子はFacebookにあげていますので合わせてご覧ください。
紋別市立博物館 | Facebook

7月の休館日

4日(月)、11日(月)、19日(火)、25日(月)

私のコレクション募集中

 博物館では市民ホール、市民ギャラリーを会場とした特別展に展示する「私のコレクション」を募集しています。
 ご自宅に眠る先祖代々伝わる逸品や、美術、工芸、古物、化石などのコレクションなど「紋別の知られざるタカラモノ」の紹介や、皆さん制作の絵画・工芸作品など、貴重な品々の展示発表に博物館をぜひお使いください。
 なお、作品展示の方法等は博物館が全面的にお手伝いさせていただきます。お申し込みや詳細については、博物館業務係まで問い合わせください。

「新修紋別市史」販売中
新修紋別市史

 紋別市の歴史を豊富な写真と資料をもとに編さんした「新修紋別市史」(A5判)が好評発売中です。

 この市史は、先史時代から平成15年までの歴史のあらましを新たに掘り起こされた史実などを加えながら通史的に概説するとともに、「新紋別市史」(上・下巻)以降の昭和56年からの25年間の出来事を、各分野にわたり多くの資料に基づき詳細に記述しており、後世への貴重な歴史書として、紋別の歴史を深く知ることができる内容となっております。
 ぜひ、事業所やご家族・個人のお手元において、お役立て下さい。
価 格:10,000円
取扱先:紋別市立博物館

お問い合わせ先

紋別市立博物館
〒094-0005 北海道紋別市幸町3丁目1番4号

電話:0158-23-4236
FAX:0158-24-9755
E-mail:hakubutu@city.mombetsu.lg.jp

博物館地図

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925