TOP > 保険・年金・医療 > 医療費の助成 > 子ども医療費助成制度

子ども医療費助成制度

子ども医療費助成制度

 道内の医療機関を受診する際、健康保険証と子ども医療費受給者証をご提示いただくことで、医療費の自己負担額が一部助成されます。
 ただし、道外の医療機関では受給者証が使用できないため、受診の際に2割(未就学の子)または3割をお支払いし、市役所で払戻しの申請をしてください(診療日から2年間有効)。

対象となる子

 令和3年4月診療分から原則高校生まで対象が拡大されます。以下が詳しい対象要件です。

【以下の①~③を全て満たす必要があります】
①:紋別市に住所を有していること
 ※保護者が紋別市に住所を有しており、進学等で転出した子が転出先の住所地で医療費の助成を受
    けられない場合は対象とする。
②:健康保険に加入していること
③:満18歳に達する日以後の最初の3月31日までの子
 ※定時制や通信制の第4学年の子は、満19歳に達する日以後の最初の3月31日までとする。

【ただし、以下の④~⑨のいずれかに該当する場合は対象外となります】
④:子が婚姻(事実婚含む)をした場合
⑤:生活保護を受けている場合
⑥:児童福祉施設で医療費の給付を受けている場合
⑦:子の前年の給与所得が48万円(給与収入が103万円)を超える場合
⑧:主な生計維持者の所得が所得制限額以上の場合(以下の所得制限額表をご参照ください)
⑨:保護者が他市町村に住所を有しており、紋別市に住所を有している子が保護者の住所地で医療費
  の助成を受けている場合

《 所得制限額表 》
扶養親族数 所得制限額
0人 6,220,000円
1人 6,600,000円
2人 6,980,000円
3人 7,360,000円

・以降、所得税法の扶養親族1人につき、所得制限額に38万円を加算してゆく。
・そのうち老人扶養親族が含まれる場合は、1人につき、所得制限額にさらに6万円を加算してゆく。

助成内容

 入院、通院、歯科、薬剤、訪問看護、補装具、治療用眼鏡(9歳未満)、柔整等でかかる医療費を市が助成します。
 ただし、初診時一部負担金(医科580円、歯科510円、柔整270円が上限額)、入院時の食事代、保険適用外医療費については自己負担していただきます。
※学校や幼稚園でのケガや病気などで日本スポーツ振興センター災害共済給付金の対象となった場合、
 その分については子ども医療費助成制度の助成対象となりません。

各種手続き

 子の出生や転入時の新規資格登録、転出等の受給者証返還、転居や氏変更による受給者証の記載内容変更、健康保険証の変更登録、受給者証の再発行、道外受診等の払戻しの手続きがあります。
 以下の表のとおり、必要なものをご持参し、お手続きしてください。

《 全ての手続きで共通に必要なもの 》
必要なもの
(全手続き)
保護者の身元確認のできるもの(運転免許証等)
保護者と子の個人番号の確認できるもの(マイナンバーカード等)

※再発行の手続きは上の2点のみで可能です。

                  

《 各手続きで別個に必要なもの 》
手続き 必要なもの
新規資格申請
(出生・転入等)
・子の健康保険証
・保護者のシャチハタ以外のご印鑑
他市町村への転出
市内の転居
氏の変更
・受給者証
健康保険証の変更 ・変更後の子の健康保険証
払戻し ・保護者の振込口座のわかる通帳
・子の名の入った領収証
※補装具の方は医師の指示書
※治療用眼鏡(9歳未満)の子は医師の指示書

【払戻し】
 道外での医療機関の受診や、受給者証の提示忘れ等で健康保険のみが適用となった場合、申請いただくことで差額分を払戻します。診療日から2年以内であれば有効な手続きであり、領収証をまとめての申請も可能ですが、職員が1つ1つ領収証の内容を確認するため、量が多いと手続きに時間のかかる場合がありますので、ご了承ください。
 なお、医療機関の窓口で10割負担をし、健康保険と本制度のそれぞれから払戻しのある方は、お手数ですが申請について問い合わせ願います。

申請書等様式ダウンロード

・子ども医療費申請書(出生、転入、転出、転居、氏変更、健康保険証変更、再発行)
・所得審査の同意書
・子ども医療費給付金支給申請書(払戻し)

高校生の令和3年4月診療分からの医療機関受診について

 以下のページをご覧ください。
・【令和3年4月診療分から】子ども医療費助成制度が高校生まで拡大となります

お問い合わせ先

市民生活部市民課 医療給付係

電話:0158-24-2111
内線:321番・467番

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925