紋別市トップへ
 
spacelogo00 catch
ホーム
あざらし
施 設
活 動
ニュース
自己紹介
用語辞典
seaice
とっかりセンターマップ
とっかりセンター入口
オホーツクとっかりセンターの文字が入った大きなアーチをくぐると、とっかりセンターの入口があります。
アザラシプール
●コインゲート
入口はコインゲート式です。100円玉をご用意ください。
●アザラシ池
約3mの4つの大きな屋外池と、10の屋内池があります。
●水中行動観察室
3か所の大きな窓がついていて、泳いでいるアザラシ達の姿を見ることができます。  
観察プール
アザラシの展示物もあります。アザラシと水中にいるような癒しの空間です。
●アザラシペン
ここはトレーニング中のアザラシや、ケガ、病気を治療中のアザラシが入る個別の屋内プールが10ケ所設置されています。保護されたばかりのアザラシはここで病気のチェックや強制給餌をします。
<その他のスペース(池以外の各コーナー)>
●取水槽
各プールへの取水槽があります。取水にはポンプが使われ、それぞれの池に常に新しい海水が供給されています。
●あざらし広場
ここでは、入場者とアザラシが直接ふれあうことができます。また、アザラシの給餌の様子を観察したり、飼育員よりアザラシの生態についての説明を受けることができます。
●調餌場
ここでアザラシたちの餌を準備します。餌をあげる時にはここで1回ずつきちんと計ってからあげています。また、薬や赤ちゃん用のミルクが必要な場合も、ここで準備します。
●冷凍庫
ここにはアザラシの餌が冷凍されています。この中はいつもマイナス18℃に保たれていて、1.5トンくらい(約10日分)の魚が冷凍されています。急速冷凍することで鮮度を維持したり、寄生虫を殺し感染を予防できますが、ビタミンCが壊れてしまうというデメリットもあります。壊れたビタミンCは薬で補給します。
●事務所
アザラシの給餌量やトレーニングの記録などはここで行います。
●お客様休憩室
アザラシの話や本・パンフレット、子供達が書いてくれた絵、保護の様子等の展示物があります。

とっかりセンターの所在地・お問い合わせ先

北海道紋別市海洋公園2番地
電話 0158-24-7563番または0158-24-8000番(オホーツク・ガリンコタワー株式会社)


ページの先頭へ
  紋別市観光交流推進室 流氷研究国際都市担当
北海道紋別市海洋公園1番地 海洋交流館
電話 0158-24-5300
お問い合わせ窓口