紋別市トップへ
 
spacelogo00 catch
ホーム
あざらし
施 設
活 動
ニュース
自己紹介
用語辞典

職員の紹介のページへ

          
名前 保護年月 性別 年令 2018年4月1日現在
グーグ 1987.07 33
グーグ
とっかりセンターで1番年上のアザラシです。忍、カズキのお父さんアザラシで、いつもどっしりかまえています。とっかりセンターの”ボス”的存在です。
ビク 1988.04 30
ビク
生後3週間くらいで紋別港内で保護。とてもおとなしい性格で、給餌の時はひかえめにスタッフのうしろから前肢で”カリカリ”ひっかいて魚をねだります。「ビクビク」している性格から付いた名前です。
キテ 1988.04 30
キテ
生後2週間くらいで紋別港内で保護。頭に白い3本線があります。保護した時、手に黄色いペンキを塗って識別していたことからキテ(黄手)と名前が付きました。とってもおしとやかな性格です。
アグ 1988.05 30
アグ
紋別のとなり街、沙留で漁師さんに保護されました。とっても芸達者!お魚大好き!!スタッフの姿を見つけるといつも鳴いて魚を催促しています。
ハナジロ 1988.07 30
ハナジロ
忍とカズキのお母さんです。子供に危険のない様誘導する、子育て上手です。女の子の中で一番体も大きくどっしりと落ち着いた性格です。
コムケ 1989.05 29
コムケ
紋別市内の南側にあるコムケ湖で保護されました。保護された地名から名前がつきました。お魚大好き!!バケツの前がコムケの特等席です。「海」のお母さんです。
大吉丸 1990.11 28
大吉丸
紋別の漁師さんの船、大吉丸に保護されてこの名前がつきました。とってものんびりしています。ご飯の時は、ゆっくり美味しそうに味わいながら食べます。
タクマ 1990.11 28
タクマ
紋別沖の定置網で保護。漁師さんの名前が付いています。少し短気な性格です。プールへ戻る時はいつも一番最後。混雑が嫌いです。
ハナコ 1991.11 27
ハナコ
保護した方の奥様の名前が付いています。自己主張の強い性格です。”あぅあぅ”鳴いたり、水面を激しくたたいて注目を集めて餌を催促します。
ナオミ 1992.5 26
ナオミ
鼻すじの通った美人のアザラシです。保護してくれた漁師さんが「かわいいから孫の名前を付けたい」と言ったほど。気分屋さんで、とっても怖がりな性格です。
ヒロ 1992.12 27
ヒロ
性格のおとなしいひかえめな女の子です。輪投げやプールに浮かんだボールを持ってきたりするのが得意です。鼻が少し上を向いているのが特徴です。
ケンジ 1995.10 25
ケンジ
とっかりセンターで1、2を争うヤンチャ者で、顔中傷だらけです。人前では、ここぞとばかりにヤンチャを発揮します。子供が大好きで怖い顔で近くへ寄っていきます。
マガオ 1995.11 25
マガオ
”まじめそうな顔をしている”というところからマガオ(真顔)と名前がつきました。甘えん坊で自分が注目されていないと思うと大きな声でガーガー鳴きます。
1993.4.10生 25
忍
「グーグ」と「ハナジロ」の仔です。とっかりセンターで生まれた最初のアザラシです。よく泳いで、よく食べます。とってもスリムでおとなしく、真面目な性格です。
カズキ 1995.3.29生 23
カズキ
「グーグ」と「ハナジロ」の次男です。顔は「ハナジロ」似、体は「グーグ」似です。体は大きく、性格は優しく真面目です。「海」のお父さんです。
めめ 2010.4 8
雄武町の砂浜で、鳥に襲われているところを助けてもらいました。片目は失ってしまいましたが、現在は大きなプールで元気に泳ぎまわっています。好奇心旺盛で、お魚が大好きです。
2012.3.26生 6
とっかりセンターで14年振りに誕生したアザラシで、『カズキ』と『コムケ』の仔です。すっかり大きくなりましたが、甘えん坊で優しい性格はそのままです。お父さんやお祖父ちゃんと一緒にえさの時間で活躍中です。
よう 2011.5 7
体が小さく、背中に輪の模様がある種類、ワモンアザラシ(輪紋海豹)の女の子です。羅臼町で保護されました。小さくてかわいらしいですが、気が強く、気に入らないことがあると手でおなかを叩いて怒ります。2018年3月に出産し、お母さんになりました。
かつのり 2012.12 7
かつのり
ワモンアザラシの男の子です。紋別港内の岩場でケガをして弱っているところを漁師さんに助けられ、お名前も付けていただきました。すっかりしわくちゃな顔になり、恋の季節にはガソリンのようなにおいでようちゃんを魅了しています。
キョロ 2013.5 5
網走の能取湖で保護されたゴマフアザラシの女の子です。保護時は全身真っ白なホワイトコートでしたが、現在は立派なゴマ模様になりました!キョロキョロ動く大きな目がチャームポイントです♪
日和 2014.5 4
紋別港内で保護されたゴマフアザラシの女の子です。とても良いお天気の日に保護されたので「日和(ひより)」と名づけられました♪
はるみ 2015.04 3
紋別市の砂浜で保護されたゴマフアザラシの女の子です。お魚が大好きなしっかり者のお姉さんで、ゴマちゃんの子どもたちの中では、みんなを引っ張るリーダー的存在です。
りさ 2015.05 3
オホーツクタワー前の防波堤で保護されたゴマフアザラシの女の子です。元気いっぱい、天真爛漫で、我が道を行くタイプです。突然、走り出したり、ジャンプをしたり、予想ができない動きで飼育員を楽しませてくれます。
がり子 2016.05 2
枝幸町で保護されたゴマフアザラシの女の子です。保護時はとても痩せていましたが、今ではすっかりまんまるです。流氷の海を進むガリンコ号のようにたくましく育って欲しいという願いも込めて、『がり子』と名付けられました。
ポンすけ 2016.4 2
網走港内で保護されたワモンアザラシの男の子です。保護時は、全身真っ白なホワイトコートで体も小さくまるで動くぬいぐるみのようでした。得意技は「あっかんべー」で、小さなピンク色の舌をペロッとだす姿がとってもキュートです♡
ひかる 2018.03.20生 0
とっかりセンターで誕生した、初めてのワモンアザラシです。明るく元気な子に育って欲しい、輝けるようにという願いを込めて『ひかる』と名付けられました。顔と少し怖がりな性格はお父さんの『かつのり』くん似、短いしっぽと背中の模様はお母さんの『よう』ちゃん似です。

とっかりセンターの所在地・お問い合わせ先

北海道紋別市海洋公園2番地
電話 0158-24-7563番または0158-24-8000番(オホーツク・ガリンコタワー株式会社)


ページの先頭へ
  オホーツク・ガリンコタワー株式会社
北海道紋別市海洋公園1番地 海洋交流館
電話 0158-24-8000
お問い合わせ窓口