背景色変更

文字サイズ

1 2 3
TOP > 組織 > 保健福祉部 > 児童家庭課 > 新着情報 > ひとり親世帯臨時特別給付金について

ひとり親世帯臨時特別給付金について

給付金制度の趣旨

〇ひとり親世帯への臨時特別給付金は、新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担う低所得の
  ひとり親世帯については、子育てに対する負担の増加や収入の減少などにより特に大きな困難が心身等に生じている
  ことを踏まえ、こうした世帯を支援するため、臨時特別の給付金を支給するものです。(児童扶養手当法に定める「養育
  者」も対象となります。

A.基本給付:ひとり親世帯等(※1)への給付

対象者

〇以下、①~③のいずれかに該当する方が対象となります。

①令和2年6月分の児童扶養手当(以下、「手当」とする。)が支給される方(全部支給または一部支給の方)
②公的年金等(※2)の受給により、令和2年6月分の手当が全部停止の方(手当を申請していれば、令和2年6月分の手
  当が公的年金等の受給により、全部停止または一部支給となることが推測される方も対象です。)(※3)
③新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が手当を支給されている方と同じ水準となって
  いる方(※4)

※1 離婚、死別、遺棄等、手当の受給資格をみたしている世帯
※2 遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など
※3 本人または扶養義務者(※5)の平成30年の収入が所得制限限度額を上回る場合は対象外です。
※4 本人または扶養義務者の急変後1年間の収入見込みが所得制限限度額を上回る場合は対象外です。
※5 支給対象者からみて、同居する父母・兄弟姉妹・祖父母・子など

支給額

〇1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円

B.追加給付:家計急変者への給付

対象者

〇基本給付の①または②に該当する方のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少し
  ている方が対象となります。

※ 本人または扶養義務者の急変後1年間の収入見込みが所得制限限度額を上回る場合は対象外です。

支給額

〇1世帯5万円

給付金の支給手続きについて

基本給付の①に該当する方

基本給付は申請が不要です。(手当の支給口座に振り込みます。支給は8月中を予定しています。)

※ 「辞退する」場合および「手当の支給口座が振込不能(解約している等)」の場合は、届出が必要となるため、各種届出
   書に必要事項を記入し、必要書類を添付の上、提出してください。

追加給付は申請が必要です。(簡易な方法で収入が減少している旨の確認を行います。)

※  申請書に必要事項を記入し、必要書類を添付の上、提出してください。詳細については、別途通知文にてお知らせ
     します。

基本給付の②、③に該当する方

基本給付、追加給付ともに申請が必要です。

※ 窓口にて申請書に必要事項を記入し、必要書類を添付の上、提出してください。

ひとり親世帯臨時特別給付金支給要件確認フローチャート

〇支給要件についてはこちらをご確認ください。

申請期日

〇令和3年2月26日(金)まで

お問い合わせ先

保健福祉部児童家庭課子育て支援係

電話:0158-24-2111(内線447・487)

お知らせ

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925