TOP > 入札・契約 > 入札制度の改正について【最低制限価格制度の一部改正について】

入札制度の改正について【最低制限価格制度の一部改正について】

 紋別市では、平成18年7月10日以後の工事に係る一般競争入札及び指名競争入札について、最低制限価格制度を適用してきました。次いで令和3年4月1日以後の工事に係る業務委託(土木設計・土木測量・地質調査・建築設計)についても最低制限価格制度を導入しました。
 今回、工事に係る最低制限価格の算定方法について一部改正を行いましたのでお知らせします。

 ※施行は令和4年4月1日以降となります。

制度の概要~最低制限価格制度とは
 あらかじめ定めた率によって最低制限価格を設定し、それより低い入札額である場合は落札者としない方式のことです。つまり、最低制限価格以上予定価格以下までの範囲で、最低の入札額の者が落札する制度です。
対象となる契約
●対象工事など(下記金額以上であっても、随意契約の場合は対象としないことができます。)
 250万円を超える工事
 130万円を超える工事に係る業務(土木設計・土木測量・地質調査・建築設計)

 ※履行の確保が確実に見込まれる場合にあっては、最低制限価格を設けないことができます。
最低制限価格の設定方法
●最低制限価格の設定基準

【工事】
予定価格の10分の7.5から10分の9.2までの範囲内で次に掲げる額の合計に100分の110を乗じて得た額
①直接工事費の額に10分の9.7を乗じて得た額
②共通仮設費の額に10分の9を乗じて得た額
③現場管理費の額に10分の9を乗じて得た額
④一般管理費の額に10分の6.8を乗じて得た額
※④について一部改正があります。(令和4年4月1日以降施行)
新(令和4年4月1日以降) 旧(令和4年3月31日まで)
一般管理費等の額に10分の6.8を乗じて得た額 一般管理費等の額に10分の5.5を乗じて得た額
【土木設計】
予定価格の10分の6から10分の8までの範囲内で次に掲げる額の合計に100分の110を乗じて得た額
①直接人件費の額
②直接経費の額
③その他原価の額に10分の9を乗じて得た額
④一般管理費の額に10分の4.8を乗じて得た額

【土木測量】
予定価格の10分の6から10分の8.2までの範囲内で次に掲げる額の合計に100分の110を乗じて得た額
①直接測量費の額
②測量調査費の額
③諸経費の額に10分の4.8を乗じて得た額

【地質調査】
予定価格の3分の2から10分の8.5までの範囲内で次に掲げる額の合計に100分の110を乗じて得た額
①直接調査費の額
②間接調査費の額に10分の9を乗じて得た額
③解析等調査業務費の額に10分の8を乗じて得た額
④諸経費の額に10分の4.8乗じて得た額

【建築設計】
予定価格の10分の6から10分の8までの範囲内で次に掲げる額の合計に100分の110を乗じて得た額

①直接人件費の額
②特別経費の額
③技術料等経費の額に10分の6を乗じて得た額
④諸経費の額に10分の6を乗じて得た額

●端数処理について
上記の工事、業務ごとの合計額を1円未満切り捨てし、100分の110を乗じて得た額を1円未満切捨てします。
※①~④それぞれの端数処理はしません。

注意事項

最低制限価格の算定は、消費税額相当額の100分の110を乗じて得た額が基準価格となりますが、入札書には、これまで同様、消費税を除いた額のみ記載してください。

最低制限価格制度に係るお知らせなど

工事等に係る最低制限価格制度についてPDFファイル(156KB)

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。
Adobe Readerの操作方法に関しては、「文字の大きさを変えるには」のページでご確認ください。

お問い合わせ先

財政課契約管財係

電話:0158-24-2111
内線:366番・344番

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925