TOP > 紋別市議会 > ロシアによるウクライナへの軍事侵略に対する決議

ロシアによるウクライナへの軍事侵略に対する決議

 紋別市はこれまで、長きにわたり、経済交流や人的交流等を通じて、ロシアとのつながりを深めてきた歴史がある。
 しかしながら、2月24日に開始されたロシア軍によるウクライナへの侵略は、明らかに同国の主権及び領土の一体性を侵害し、武力行使を禁ずる国際法の深刻な違反であり、国連憲章の重大な違反であって、断じて許されない行為である。
 こうした力による一方的な現状変更は欧州にとどまらず、アジアを含む国際社会の秩序の根幹を揺るがしかねない極めて深刻な事態であり、看過できるものではない。また、これまで積み上げてきた本市とロシアとの関係を無にしかねない。
 よって、紋別市議会は、今般のロシアの侵略行為に対し強く非難するとともに、ロシア軍の攻撃停止と即時撤退、及び国際法の遵守を強く求めるものである

 以上、決議する。

令和4年3月16日
北海道紋別市議会

決議文(原文).pdf

お問い合わせ先

紋別市議会事務局

電話:0158-24-2111
内線:316番

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925