TOP > 住宅関連 > 移住 > 概要とセールスポイント

概要とセールスポイント

まちの概要

「流氷」がもたらす恩恵に育まれ発展してきた紋別市は、ホタテ、サケなど豊富な漁業資源を誇るオホーツク海屈指の港まちです。
近年は、ロシアからの活カニ輸入日本一となり商港としても活気を呈しています。基幹産業である水産業をはじめ、多くの認証森林を有する林業や、オホーツクはまなす牛を生産する畜産・酪農業も盛んであるほか、流氷砕氷船ガリンコ号は冬季流氷観光の主役であるとともに、春夏秋の釣り体験観光でも大いに活躍しています。
現在、紋別市はスポーツ・文化合宿誘致のほか、全国からの長期短期の滞在者や移住者の誘致を積極的に展開しており、訪れる人々にも自然豊かなオホーツクの暮らしやすさをアピールし、地方都市の活性化に取り組んでおります。

紋別市長 宮川 良一

くらしの情報

住まい情報

参考:住宅地の土地価格(単純地価公示平均価格)
場所 紋別市 盛岡市 いわき市 市原市 長野市 岡山市 長崎市
価格 4.6 26.9 15 16.9 23.7 23 24.9
北海道の住宅とは
住宅写真

冬は厳寒なイメージのある北海道ですが高断熱・高気密な住宅のため冬でもTシャツ姿で過ごす家庭も多くあります。床暖やセントラルヒーティング、オール電化の設備のある住宅も増えており冬でも快適な生活をすることができます。

公営住宅情報

概要はこちら

不動産業者情報
「マイホーム借上げ制度」について

現在、紋別市では、空き家などが管理不全な状態になることを未然に防止することを目的として、一般社団法人移住・住みかえ支援機構(※JTI)と連携し、「マイホーム借上げ制度」という住みかえ支援事業に取組み始めております。(2016.09現在)

※JTIについて

 一般社団法人移住・住みかえ支援機構(JTI)とは、国土交通省が管轄する財団法人高齢者住宅財団の住替支援保証業務の事業実施主体として認可を受けて、公的移住・住みか支援制度の実施・運営にあたっている非営利法人です。

気温グラフ

●「マイホーム借上げ制度」イメージ図(JTI HPより)

 JTIが実施する「マイホーム借上げ制度」は、シニア世帯(50歳以上)のマイホームを最長で終身にわたって借上げ、安定した賃料収入を保証するものです。借上げた住宅は「JTI賃貸住宅」として、子育て世代などに転貸します。
 この制度により、シニア世帯は自宅を売却することなく、住みかえや老後の資金として活用することができます。また、子育て世帯などは、相場より安い家賃で良質な住宅を借りることができます。

 詳しい制度のご利用などにつきましては移住・住みかえ支援機構までご相談下さい。
移住住みかえ支援機構のホームページはこちらから
 (下記バナーからも移動することができます。)

JTI

気候

気温グラフ 降水量グラフ

日照グラフ 降雪量グラフ

お問い合わせ先

総合戦略推進室(企業誘致・移住・避暑地化・交流担当)

電話:0158-24-2111(内線272・337)

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925