背景色変更

文字サイズ

1 2 3

オホーツクの流氷と自然を守る寄附金

オホーツクの流氷と自然を守る寄附金

地球環境への皆さまの想いをオホーツク紋別へ

ふるさと納税制度へのご協力をお願いします

紋別市長

海や山や川そして流氷は、すべての人々にとってかけがえのない大切な自然です。
紋別市は、青く澄み渡るオホーツク海、緑あふれる山々、広大な牧草地帯など美しい自然に囲まれ、そのオホーツクの海や豊かな大地からの贈りもの、新鮮で安全な海の幸・山の幸に恵まれています。そして、そこには多くの産業の営みと自然と調和したオホーツクの暮らしがあります。
しかし、地球温暖化の影響なのか、このところオホーツクの流氷は年々減少化傾向にあり、海洋環境や動植物への影響が心配されているほか、オホーツク海屈指の漁業や観光などへの影響も危惧されているところです。
「オホーツクの流氷と自然」は、私たち紋別市民にとって大切なかけがえのない財産であるとともに、北海道、日本の環境保全のためにも守り残していかなければならない財産です。
そこで本市では、多くの人々から「寄附金」という応援をいただきながら、環境保全の取り組みや地域の活性化のために、このたび、『オホーツクの流氷と自然を守る寄附条例』を制定しました。
「紋別に行ったことがある」「昔、紋別に住んでいた」「紋別が好きだ」など、本市とゆかりのある方々、あるいは、現在市内に住んでいる方々に、是非、本市の取り組みに賛同していただけるよう、皆さまの応援を心からお待ちしておりますのでよろしくお願いします。

紋別市長  宮 川 良 一

「オホーツクの流氷と自然を守る寄附金」メニュー

「オホーツクの流氷と自然を守る寄附金」受納及び運用状況

寄附の実績

これまで皆様からいただいた寄附の実績についてお知らせいたします。
皆様からのご寄附に心から感謝申し上げます。

平成29年度寄附状況
使途区分 寄附件数
寄附金額
アザラシの保護活動などオホーツクの海洋環境に関する事業 6,410件
118,913,625円
森林、湖沼、河川等の環境保全啓発活動に関する事業 4,118件
77,450,625円
市内経済の活性化に関する事業 1,812件
34,136,125円
次世代を担う人材育成に関する事業 3,778件
72,725,090円
医療、福祉又は子育て支援の充実に関する事業 6,476件
129,338,225円
人口減少対策に関する事業 1,805件
33,361,625円
公共施設の整備に関する事業 512件
8,281,625円
市長が必要と認める事業 31,320件
552,167,642円
寄 附 者 数 53,940名
寄附金額合計 1,026,374,582円
  ※ 1名が複数の使途を指定する場合があるため、件数と寄附者数は一致しません。
寄附者一覧
寄附金の使い道

皆様からいただいた寄附の使い道についてお知らせいたします。

「オホーツクの流氷と自然を守る寄附金」応援者のご紹介

「オホーツクの流氷と自然を守る寄附金」を私も応援します。

吉川 忠英さん

僕は、東京で生まれ育ち、現在も東京で暮らしながら音楽活動で全国を回っています
僕にとって、紋別がかけがえのない街となったのは、平成16年2月、「夏川りみコンサート」のプロデューサーとして紋別を訪れたことがきっかけでした。
紋別は自然がとても美しく、食べ物も美味しい。そして何よりも紋別の人達は、とても心温かく、僕を歓迎してくださいました。
僕は、この紋別の自然とそこに暮らす人達の純粋で誠実な心に強く惹かれ、それ以来、毎年紋別を訪れ、コンサートや養護学校訪問などを行っています。今では紋別は、僕にとってかけがえのない第二の故郷です。
オホーツク紋別がいつまでも美しくあり続けるように、僕も「オホーツクの流氷と自然を守る寄附金」を応援します。

ミュージシャン 吉川 忠英

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。
Adobe Readerの操作方法に関しては、「文字の大きさを変えるには」のページでご確認ください。

問い合わせ・申し込みは

北海道紋別市 市長政策室 企画調整課 公聴広報係
住所:北海道紋別市幸町2丁目1番18号

電話:0158-24-2111
内線:443番
FAX:0158-23-1833
e-mail:furusato@city.mombetsu.lg.jp

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925