TOP > 紋別市の紹介 > 紋別市民憲章

紋別市民憲章

紋別市民憲章は、1963年(昭和38年)の市議会で、より明るく住みよい市民生活を築くための心のよりどころとなる市民憲章制定の意見が出され、市民各層からなる「紋別市民憲章制定委員会」が設けられました。
制定委員会では、起草委員会に付託して原案検討を進める一方、一般市民1,000人、市内中・高校生全員にアンケートして意見、希望を聞きました。
これらをもとにして起草された原案は、翌年(昭和39年)6月10日の制定委員会で決定、市長に伝達された。
続いて同年6月市議会に報告され、市制施行10周年にあたる7月1日付けで制定、告示されました。

紋別市民憲章

わたしたちオホーツクに生きる紋別市民は、北方文化と北方産業の開拓に尽くすことに、大きな喜びと誇りをもち、この憲章を定めます。

1.知性を尊ぶ紋別
真実を大切にし、知識をひろめ、胸をはって明るく生きることにつとめましょう。
1.生産に励む紋別
みんなで楽しく元気に働いて、生産と技術の向上をはかり、豊かなまちにしましょう。
1.健康で明るい紋別
清潔で暴力のない環境をつくり、交通のきまりや火の元を守って、健康なまちにしましょう。
1.文化を育てる紋別
余暇の利用を工夫し、創造力をねって、郷土の文化を育てましょう。
1.人間味豊かな紋別
人には親切、物は大切に約束を守って、人間味豊かな紋別をつくりましょう。

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925