TOP > 組織 > 総務部 > 企画調整課 > 新着情報 > 東日本大震災関連

東日本大震災関連

市長からのメッセージ

このたびの東日本大震災によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災されました皆様には心からお見舞いを申し上げます。

また、救助作業等に御尽力いただいている方々に敬意を表しますとともに心から感謝を申し上げます。

紋別市では、被災地に向け義援金を送るとともに、緊急消防援助隊員として2名の消防職員を派遣するほか、被災者の生活支援のため、入居可能な公営住宅の提供など支援策を講じてまいります。

市民の皆様におかれましても、ご協力をお願い申し上げます。

                                                          紋別市長 宮川 良一

東日本大震災避難者支援のご案内

 市では、東日本大震災で被害を受け本市へ避難された方が、一日でも早く安心な生活を取り戻し、
健康的で自立した生活の再建ができるよう支援を行っています。
 支援を希望される方、または市民の皆様のお近くに支援の対象となられる方がおられましたら是非
お知らせください。

【対 象】
  (1) 東北地方太平洋沖地震により、住宅が滅失、全壊、半壊し、又は勤務先が被害を受け
    就労不能となったため、避難を余儀なくされ本市に避難された方

  (2) 東京電力福島第1・第2原子力発電所の事故に伴い避難指示措置または屋内退避指示措置を
    講じられたために本市に避難された方

  (3) 東日本大震災に起因する生活不安または日常生活に影響を受け、本市に避難された方

【支援内容】
  (1)生活支援 ~ 早期に安心な生活を取り戻すことが出来るよう下記の支援を行います。
    ①避難旅費支援 
      避難元から本市に避難する際に要した公共交通料金を支給します。
      ※災害見舞金支給対象世帯を除きます。
    
    ②生活基盤支援
      市内の公営住宅、民間アパート等に入居された避難者に対して、生活を営むために必要な
     日用品の購入経費を支援します。
      ※災害見舞金との併給は行いません。

    ③活動支援
      市内の公営住宅、民間アパート等に入居された避難者が活動する際に、車等の移動手段が
     無い場合、活動支援としてバス回数券を交付します。

  (2)住宅支援 ~  当市に避難されてお住まいをお探しの方を対象に公営住宅等の提供を行うとともに、日常生活の支援を行います。
     ①つなぎ宿泊支援
       市内の公営住宅、民間アパート等に入居前の準備期間中、原則3日間のホテル等の宿泊料
      を無料で提供します。
    
    ②家賃支援
       市内の公営住宅、おためし暮らし住宅の家賃について、最長1年間の家賃を免除します。また、
      民間アパートに入居する場合は、1か月あたり5万円を限度として3か月間の家賃を支援します。

    ③家財道具支援
      市内の公営住宅、民間アパートに入居された避難者に対して、生活を営むための家財道具を
     無償貸与いたします。

  (3)災害見舞金
      市内の縁故者宅に避難し生活している場合、災害見舞金を支給します。

【申請の方法】
  所定の申請書に必要事項を記入していただきます。

【申請に必要な書類等】
   ①ご本人確認及び被災地が確認できる証明書類の写し
     (罹災証明書、運転免許証、健康保険証等)
    ※民間アパート入居の際の家賃支援を希望される場合は、入居契約書の写しが必要となります。
   ②印鑑
    ※申請の際、振り込みを希望する金融機関と口座番号(ご本人名義に限ります)
    をお伺いしますので、口座番号等のわかるものをご持参ください。

【その他】
  支給後に支給要件を満たさない事実が判明した場合には、支給金を返還していただく場合があります。


お問い合わせ先
総務部庶務課庶務係
電話 0158-24-2111内線207・401番

東日本大震災に係る個人支援物資の受付終了について

  紋別市では、東日本大震災により被災した方々を支援するため、4月11日(月)から4月19日(火)までの間、市民の皆様からの支援物資を受け付けすることとしておりましたが、被災県において、当面の必要物資の確保が出来たため、支援物資の受け入れを4月15日(金)17時をもって停止させていただき、4月21日(木)に搬送いたしました。

  市民の皆様におかれましては、多大なご協力をいただき誠にありがとうございました。

  なお、避難者の情報提供、避難者の受け入れに係る家財道具の情報提供につきましては、引き続き受付しておりますのでよろしくお願いいたします。

避難者の受け入れに係る家財道具の提供について

先に発生しました東日本大震災の影響により、紋別市に避難された被災者、或いは今後避難される被災者の生活を支援するため、皆様の身の回りにある家電、台所用品、食器類、寝具類(クリーニング済)等の家財道具について、御提供いただける物品の情報をお寄せください。

<受付方法>
市の担当窓口に電話にてご連絡いただき、市では提供いただける生活物品の情報登録を行います。その後、被災避難者の意向を確認し、必要な物品については登録された情報から抽出させていただいた上で改めて情報提供主に依頼を行い、戴いた物品を被災避難者にお渡し致します。
 なお、物品を収容するための場所の確保が困難であること、被災入居者の方々によって必要とする物品が異なることから、
提供可能物品の情報のみお寄せいただき、直接市へ物品を持ち込んでいただくことはご遠慮願います

<受付開始日>

 平成23年4月11日(月)から電話にて受付いたします。
 受付時間 ~ 午前8時45分から午後5時30分まで(土・日・祝日除く)
 物品の直接の持込はご遠慮願います

お問い合わせ先
総務部庶務課庶務係
電話 0158-24-2111内線207・401番

避難者の情報提供について

 この度の東日本大震災で被災地から市内の親戚・知人・企業等を頼って避難されている方とその受入先等の情報を集めております。
 ご本人でなくても受け入れ先の方からの電話連絡でも結構です。
 なお、当市が取得した個人情報は厳重なる管理の上お取り扱いさせて頂きますことを固くお約束致します。


お問い合わせ先
総務部庶務課庶務係
電話 0158-24-2111内線207・401番


東日本大震災の緊急支援物資を搬送しました

 市では、被災地に向け、毛布300枚と給水袋2,800枚を搬送しました。
 物資は、一旦集約され、必要な被災者に振り分けられる予定となっております。

 なお、今後の被災地支援としては、公営住宅への避難者受け入れや市職員の派遣等に向け準備を進めておりますので、ご理解いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
 また、民間のホテル等では、被災者受入のため、部屋を用意するなど、支援の輪が広がっております。
 皆様の暖かい御支援に対し、心より厚くお礼申し上げます。

東日本大震災に関する情報サイトについて

北海道は、東日本大震災に関して、被災された方への支援・相談窓口や、北海道民への情報などをまとめた情報サイトを開設しました。

東日本大震災に関する情報サイト

義援金は下記機関で受け付けています
日本赤十字社紋別市地区
詳しくはこちら
紋別市共同募金委員会
詳しくはこちら

東日本大震災により被害を受けられた方へのお知らせ(税金関係)

市では、東日本大震災により被害を受けられた方に対して、課税の特例措置などについて、個別に相談に応じています。
また、最寄の税務署においても相談窓口を設けていますのでご利用ください。
詳しくはこちら

お問い合わせ先
総務部税務課市民税係
電話 0158-24-2111 内線238番

お問い合わせ先

総務部庶務課庶務係

電話:0158-24-2111
内線:207番・401番
FAX:0158-24-6925
住所:〒094-8707 紋別市幸町2丁目1-18

お知らせ

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925