背景色変更

文字サイズ

1 2 3
TOP > 組織 > 市民生活部 > 市民課 > 新着情報 > 住民票、マイナンバーカード等に旧氏(旧姓)が併記できるようになります!

住民票、マイナンバーカード等に旧氏(旧姓)が併記できるようになります!

 令和元年11月5日から本人からの申出により住民票やマイナンバーカード等に「旧氏(旧姓)」を併記することができ、仕事の場面でも旧氏で本人確認ができるようになります。

 旧氏登録後は、印鑑登録証明書にも旧氏が併記されます。

旧氏(旧姓)とは

 申出する方が過去に称していた氏のことで、その方の戸籍等に記載がされている氏のことです。

併記できる旧氏(旧姓)は

 ・旧氏の登録は、一人一つです。
 ・初めて登録する場合には、戸籍謄本等に記載されている過去の氏のどれかを選択できます。
 ・婚姻等により氏を変更した場合は、そのまま登録をした旧氏を使用するか、直前に称していた旧氏に変更することも可能です。
 ・旧氏は削除することもできます。(削除した場合は、その後、氏が変更した場合に限り、削除後に称していた旧氏の登録が可能です。)

どのように表示されるの

 住民票・印鑑登録証明書-氏名欄の他に「旧氏」の欄ができます。
 マイナンバーカード・通知カード-氏名の後ろに括弧書きで「旧氏」が記載されます。

 ※旧氏を登録した場合、住民票等の交付時に旧氏を省略することはできません。

必要な書類・手続きは

 ・旧氏記載申出書(窓口にあります。)
 ・本人確認書類
 ・戸籍謄本等(登録する旧氏の記載のあるものから現在の氏に繋がるまで必要)
 ・マイナンバーカード又は通知カード(旧氏を追記します。)

印鑑登録について

 住民票に旧氏を登録された方は、旧氏の印鑑を登録することが可能となります。
 登録印の変更を希望される方は、印鑑・本人確認書類・印鑑登録証(お持ちの方)・手数料(100円)をお持ちになって手続きしてください。 


外部リンク
 総務省
  「住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記について」このリンクは別ウィンドウで開きます
  「旧氏併記に関するリーフレット(表面)」このリンクは別ウィンドウで開きます
  「旧氏併記に関するリーフレット(裏面)」このリンクは別ウィンドウで開きます


※旧氏の登録を希望される方は、事前に市民係にご相談ください。

お問い合わせ先

市民生活部市民課市民係

電話:0158-24-2111
内線:367番・226番・227番

お知らせ

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925