背景色変更

文字サイズ

1 2 3
TOP > 組織 > 市民生活部 > 市民課 > 新着情報 > 後期高齢者医療制度のお知らせ~平成30年度の保険料のお支払いと被保険者証の一斉更新について~

後期高齢者医療制度のお知らせ~平成30年度の保険料のお支払いと被保険者証の一斉更新について~

7月に保険料額をお知らせします

平成30年度の保険料につきましては、7月中旬に個別にお知らせします。

≪保険料の計算方法≫ ・1年間の保険料の上限額は、平成30年度から62万円になります(平成29年度は57万円)。
・年度の途中で加入したときは、加入した月からの月割で計算します。
※「所得」とは、前年の「収入」から必要経費(公的年金等控除や給与所得控除額など)を引いたものです。

◆保険料の軽減

①均等割の軽減(年額)
・軽減は被保険者と世帯主の所得の合計で判定します。
・被保険者ではない世帯主の所得も判定の対象となります。
・昭和28年1月1日以前に生まれた方の公的年金等に係る所得については、さらに15万円引いた額で判定します。

※平成30年度から、均等割5割軽減・2割軽減の軽減判定所得が拡充されました。

②所得割の軽減の見直し
・平成29年度は、一定の所得以下の方について、所得割が「2割」軽減されておりましたが、平成30年度から、「軽減なし」へ変更となりました。

③被用者保険の被扶養者だった方の軽減
・この制度に加入したとき、被用者保険の被扶養者だった方については、負担軽減のための特別措置として、所得割がかからず、均等割が5割軽減となります(50,205円→25,102円)。
※平成30年度から被用者保険の被扶養者だった方の均等割の軽減が「7割」から「5割」へと変更されました。なお、所得の状況により、均等割の軽減割合が9割、または8.5割に該当することがあります。
※被用者保険とは、協会けんぽ等、主にサラリーマンの方々が加入している健康保険のことで、市町村の国民健康保険等は含まれません。

◆平成30年度から保険料率、軽減の範囲・割合が見直されました。
 詳しくはこちらをご覧ください。
 後期高齢者医療制度の見直しのお知らせこのリンクは別ウィンドウで開きます

◆保険料の減免
 保険料のお支払いが困難な場合は、ご相談ください。
 災害、失業などによる所得の大幅な減少、その他特別な事情で生活が著しく困窮し、保険料のお支払いが困難な方については、保険料の減免が受けられる場合があります。

◆保険料のお支払い方法
 保険料のお支払いは、「年金からのお支払い」と「口座振替」を選ぶことができます。

 ※「口座振替」を希望される方は、お申し出ください。
 お申込みに必要なもの:ご本人の保険証・お支払いする口座の預金通帳とお届け印
 
 ・「年金からのお支払い」から「口座振替」に切り替わる時期は、お申し出の時期により異なります。
 ・税申告の際の「社会保険料控除」は、お支払いする方に適用されます。
  (年金からのお支払いの場合、お支払いいただくご本人の社会保険料控除の対象になります。)
 ・所得の増減や保険料額によっては納付書払いになる場合があります。

保険証と減額認定証が新しくなります

◆保険証が新しくなります

 現在のご使用の保険証の有効期限が平成30年7月31日をもって満了となるため、8月以降は使用できなくなります。7月下旬に新しい保険証を交付しますので、お手元に届きましたら、桃色の保険証をご使用ください。

 ○新しい保険証の有効期限は平成31年7月31日までです。
 ○紛失したときや、汚れたときは再交付しますので、お申し出ください。

◆減額認定証も新しくなります

 現在ご使用の減額認定証(限度額適用・標準負担額減額認定証)の有効期限が平成30年7月31日をもって満了となるため、8月以降は使用できなくなります。有効期間は保険証と同じく1年間です。引き続き交付対象に該当する方は7月中に減額認定証を交付しますので、8月1日からは水色の減額認定証をご使用ください。新たに必要となる方は、下記の交付要件に該当することをご確認の上、申請してください。

減額認定証の交付対象:次の区分Ⅰまたは区分Ⅱに該当する方
区分Ⅱ:世帯全員が住民税非課税で区分Ⅰに該当しない方
区分Ⅰ:世帯全員の所得が0円の方(公的年金収入のみの場合、その受給額が80万円以下の方)、老齢福祉年金を受給されている方

お問い合わせ先

市民生活部市民課医療給付係

電話:0158-24-2111
内線:321/467番

お知らせ

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925