TOP > 組織 > 市民生活部 > 市民課 > 新着情報 > マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)における民間事業者の対応について

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)における民間事業者の対応について

◎マイナンバー制度について
平成25年5月に「行政手続における特定の個人の番号を識別するための番号の利用等に関する法律」が成立し、マイナンバー制度が導入されることになりました。
マイナンバー制度とは、国民一人ひとりにマイナンバー(12桁)、法人に法人番号(13桁)を付番し、行政の効率化や国民の利便性向上を図るための制度です。
詳細については、下記のリンク先をご覧ください。

平成28年1月からマイナンバー制度(社会保障・税番号制度)が始まります

◎マイナンバー制度における民間事業者の対応について
平成27年10月からのマイナンバー通知、平成28年1月からのマイナンバー利用開始まで、期限が迫ってきました。
マイナンバーは、社会保障・税・災害対策の3分野での利用から制度がスタートしますが、従業員を雇用している民間事業者も社会保障の手続などで対応が必要になります。
具体的には、従業員の健康保険及び厚生年金等加入手続等の社会保障関係の申請書や源泉徴収票等の税務関係の申告書作成の際に、マイナンバーを記載して提出する等の対応が必要となります。
詳細については、下記のリンク先をご覧ください。

民間事業者向けマイナンバー制度説明資料PDFファイル(7248KB)
特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)PDFファイル(817KB)
(別冊)金融業務における特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドラインPDFファイル(598KB)

◎個人情報に対する懸念に制度面・システム面で厳しく対応します
個人情報が外部に漏れるのではないか、他人のマイナンバーでなりすましが起こるのではないか、といった懸念に対し、安全・安心を確保するため、制度・システムの両面から、個人情報保護の措置を講じています。
制度面の措置として、特定個人情報保護評価を実施しましたので、下記のリンク先をご覧ください。

マイナンバー制度に係る「特定個人情報保護評価」を実施しました

システム面の措置としては、個人情報を一元管理するのではなく、従来通り、年金の情報は年金事務所、税の情報は税務署といったように分散管理します。
また、行政機関の間で情報をやりとりする際は、マイナンバーを直接用いず、システムにアクセスできる人を制限し、通信する場合は暗号化します。

◎マイナンバー制度に関するお問い合わせ先
制度全般に関するお問い合わせ及び最新情報は、下記のコールセンター等をご利用ください。

コールセンター
電話:0570-20-0178(全国共通ナビダイヤル)
平日 午前9時30分~午後5時30分(土日祝日・年末年始を除く)
※ナビダイヤルは通話料がかかります。
※外国語対応(英語)は0570-20-0291におかけください。
※IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合は、03-6441-3457におかけください。

ホームページ(国)
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/
特定個人情報保護委員会
http://www.ppc.go.jp/
公式twitter(国)
https://twitter.com/mynumber_pr

お問い合わせ先

市民生活部市民課市民係

電話:0158-24-2111
内線:367,226,227番

お知らせ

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925