TOP > 組織 > 市民生活部 > 市民課 > 新着情報 > マイナンバー制度に係る「特定個人情報保護評価」を実施しました

マイナンバー制度に係る「特定個人情報保護評価」を実施しました

平成28年1月より、マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)が開始されることに伴い、本制度に対する懸念を踏まえた制度上の保護措置の一つとして、特定個人情報保護評価を実施する必要があることから、市では、特定個人情報保護評価の内、「基礎項目評価書」を作成し、国の特定個人情報保護委員会へ提出及び公表しました。

◎特定個人情報保護評価について
特定個人情報保護評価とは、行政機関等が特定個人情報ファイル(マイナンバーを含む個人情報)を保有しようとする場合、個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測した上で、特定個人情報の漏えいその他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講ずることを宣言する仕組みをいいます。  
評価の対象は、特定個人情報ファイルを取り扱う事務となっており、しきい値判断によって基礎項目評価・重点項目評価・全項目評価の区分に分けられます。
ただし、しきい値判断によって評価の実施が義務付けられない事務もあります。



◎特定個人情報保護評価書の公表について
特定個人情報保護評価書は、公表することが義務付けられているため、当市で特定個人情報保護評価対象となる事務について、以下のリンク先にて公表しました。

平成27年4月20日付にて人事異動に伴う記載事項の修正がありましたので、「基礎項目評価書」の再提出及び再公表をしました。

マイナンバー保護評価Web
http://www.ppc.go.jp/mynumber/

今後、特定個人情報保護評価対象事務が発生した際は、随時しきい値判断を行い、特定個人情報保護評価を実施し、評価書を公表します。
なお、特定個人情報保護評価委員会及び特定個人情報保護評価の詳細につきましては、下記のホームページをご覧ください。

特定個人情報保護委員会
http://www.ppc.go.jp/

お問い合わせ先

市民生活部市民課市民係

電話:0158-24-2111
内線:367,226,227番

お知らせ

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925