TOP > 組織 > 総合戦略推進室 > 新着情報 > 地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を活用した寄附を募集します!

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を活用した寄附を募集します!

 紋別市が地方創生の重点施策として実施する「自然エネルギー活用植物工場(福祉型)整備事業」について、「地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)」を適用した財政支援(寄附)が可能となりました。
 民間企業の皆様からの積極的なご寄附をお願いいたします!


地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)とは?
 地方公共団体が行う地方創生事業に対して、民間企業の皆様から積極的に寄附を行っていただけるよう、平成28年税制改正において創設された制度です。

 地方公共団体が地方版総合戦略に基づく事業を実施していくために、国が認定した「地域再生計画」に記載された事業に対して民間企業が寄附を行った場合に、寄附額の3割に相当する額の税額控除の特例措置がなされます。現行の地方公共団体に対する法人の寄附に係る損金算入措置による軽減効果(約3割)と合わせて、寄附額の約6割に相当する額が軽減されます。

   制度内容・資料は こちらから(内閣府地方創生推進事務局HP)このリンクは別ウィンドウで開きます
   地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)活用の手引きPDFファイル(745KB)このリンクは別ウィンドウで開きます


紋別市が認定を受けた地域再生計画とは?
 紋別市は国から平成28年8月2日に地域再生計画法に基づき「自然エネルギー活用植物工場(福祉型)整備計画」の認定を受けました。

   地域再生計画 「自然エネルギー活用植物工場(福祉型)整備計画」PDFファイル(302KB)このリンクは別ウィンドウで開きます


「自然エネルギー活用植物工場(福祉型)整備事業」とは?
 紋別市は、地方創生の重点事業として、「障害者の就労環境の整備」を掲げており、本年度は障害者就労の場としての植物工場を建設します。植物工場は太陽光型となっており、自動制御装置で最適な環境に保ち、作物の播種から出荷調整まで、周年計画的に一貫して行う生産システムを採用します。
 植物工場の施設内は、一定の温度に保たれた水耕栽培により野菜の生産を行い、天候に左右されることがありません。病害虫の被害を受けることがなく、作業内容は容易で、リスクも少ないため、障害者や高齢者の雇用促進に繋がります。
 本市としては、紋別高等養護学校卒業生などの定住促進に向け、就労先の確保や安心して生活できる環境を整備することが重要であると認識しており、就労支援策の一環として太陽光型植物工場を整備いたします。

   紋別市 企業版ふるさと納税チラシPDFファイル(1624KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
   紋別市から民間企業の皆様への企業版ふるさと納税提案書PDFファイル(643KB)このリンクは別ウィンドウで開きます


※植物工場イメージ


お問い合わせ先

総合戦略推進室(総括担当)

電話:0158-24-2111
内線:409番

お知らせ

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925