TOP > 市政情報 > 情報公開・個人情報保護制度 > 紋別市の情報公開制度

紋別市の情報公開制度

情報公開制度は市役所などが持つ公文書などを、市民の皆さんからのご請求に応じて開示する制度です。紋別市では平成10年7月1日から情報公開条例がスタートしました。

1. 情報公開制度とは

市では、従来から広報誌を各家庭に配布したり、一定の行政資料を閲覧に供する等の方法により、住民に情報を提供してきました。しかし、これらの情報は、行政側があらかじめ用意した情報や行政側が選択して提供する情報であって、必ずしも市民の皆さんが求めるものではない場合もありました。情報公開制度は、従来 からの情報提供とは異なり、市民の皆さんからの請求に応じて行政機関等がその保有する情報を開示することを義務づける制度です。 市では、市政の情報を積極的に公表・提供することにより、市民の皆さんの市政に対する理解や信頼を深めることにより市政参加をより一層推進し、市民主体の公正で開かれた市政の発展を目指そうとするものです。

2. 情報公開制度の内容

紋別市情報公開条例に定める制度の主な内容は、次のとおりです。

1)実施機関

公文書の公開を実施する機関は、市長、教育委員会、選挙管理委員会、公平委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査委員会及び議会です。

2)対象となる公文書

1.公開請求の対象となる公文書は、次の要件を満たす文書等です。
2.実施機関の職員が、職務上作成し、又は取得したものであること。
3.文書、図画、写真、フィルム、ビデオテープ及び録音テープであること。
4.実施機関の職員が組織的に用いるものであること。
5.実施機関が、管理、保管しているものであること。
以上の項目のうち、平成9年4月1日以降の公文書と平成9年3月31日以前の公文書で保存期間が永年と定めたもので、整理を終了したものです。

3)公開請求をできる方

1.公開請求をできる方は、次のいずれかに該当する方です。
 ・市内に住所を有する者
 ・市内に事務所又は事業所を有する個人又は法人その他の団体
 ・市内の事務所又は事業所に勤務する者
 ・市内の学校に在学する者
 ・実施機関が行う事務事業に利害関係を有するもの
2.上記1のいずれにも該当しない方からであっても公文書の公開の申出があった場合には、実施機関はこれに応ずるよう努めることになっています。(公文書の任意的公開)

4)公開請求の手続

公文書の公開請求をしようとする方は、必要な事項を記載した請求書を庶務課行政係に提出しなければなりません。その請求書に基づいて実施機関では、公開するかどうかの決定を、原則として請求書を受理した日の翌日から起算して14日以内に行い、請求者に書面で通知しなければなりません。

・請求書はこちら 公文書公開請求書PDFファイル(101KB)

     公文書公開請求書記載例PDFファイル(119KB)

・公文書の任意的公開(例:市外に居住の方)はこちら 公文書任意的公開申出書PDFファイル(98KB)

5)公開しない情報

市が保有している情報は、原則として公開されますが、次のいずれかが記録されている公文書は公開しない場合があります。
1.法律、政令、条例などにより公開を禁じられている情報
2.個人のプライバシーに関する情報
3.法人などの事業活動に不利益を生ずる情報
4.人の生命や財産が脅かされるおそれのある情報
5.検討や協議など意思形成の過程にある情報
6.事務や事業の公正な実施、円滑な運営に支障を与える情報
7.市と国などとの相互間で協力して推進する必要がある情報

6)公文書公開の費用負担

公文書の閲覧、視聴等に係る手数料は、無料です。
写し(コピー)を希望 される場合は、A3からB5判までは1部につき10円とし、それ以外のものは、作成 に要した実費相当額を負担していただきます。

7)救済制度

実施機関の決定に対する異議申立てについて、公正かつ迅速に対応するため、「紋別市情報公開・個人情報保護審査会」を設置し、そこで審査した結果を尊重して公開するか否かの決定を行うことになります。

8)情報の提供

市では、この制度による公文書の公開と併せて、従来から行ってきた情報の提供を積 極的に推進します。

お問い合わせ先

総務部 庶務課 行政係

電話:0158-24-2111
内線:305番

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925