TOP > 市政情報 > 届出・申請 > 住民基本台帳ネットワーク > 住民基本台帳カード発行申請

住民基本台帳カード発行申請

事務・手続名

住民基本台帳カード発行申請

手続き概要

住民基本台帳カード発行の申請

手続きに必要なもの

  • 運転免許証・旅券(パスポート)など本人であることを確認できる書類(下表参照)本人確認書類に該当するものがない方は、担当係にお問合せください。
  • 申請後、本人あてに照会文書を送付しますので、届いた文書に申請の意思がある旨を記入し、市民課市民係にお持ちいただいたときに住民基本台帳カードを交付いたします。
  • 写真付きカードをご希望の方は、ご自分の写真(タテ4.5×ヨコ3.5センチ)を1枚お持ちください。お持ちでない方は、無料撮影します。お申出ください。
  • 手数料500円(満65歳以上の方または保有するすべての運転免許を自主返納した方は、無料です。ただし、新規交付のみ・再交付は有料)

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)に係る個人番号カードについて

平成27年10月よりマイナンバー制度(社会保障・税番号制度)が開始されることに伴い、平成28年1月から「住基カード」の新規発行ができなくなりますので、平成28年1月からはマイナンバー制度による「個人番号カード」を申請していただくことになります。
お手持ちの住基カードは有効期限まではご使用になれますが、個人番号カードとの併用はできませんので、住基カードを返納していただく必要があります。
これから住基カードの取得を検討される方は、平成27年12月まで(公的個人認証の申請は平成27年12月22日午後5時まで)、それ以外の方は平成28年1月より個人番号カードを申請してください。
なお、マイナンバー制度に関する詳細については、下記リンク先にてご確認ください。

担当部課名

市民生活部市民課 市民係

備考/関連情報

  • カードの交付申請から受取りまでに約2週間かかります。
  • 写真付きカードの場合、身分証明証としても利用できます。
  • 住民基本台帳カードの有効期間は、カードを発行した日から10年間です。
  • 転出をすると使用できなくなります。
  • 本人確認書類

官公署の発行した旅券、免許証、許可証、身分証明書その他これらに類するもので以下の要件を満たすもの

  1. 申請者本人の写真が張り付けられていること
  2. 写真に浮き出しプレス、割り印などによる契印があることまたは改ざん防止のための特殊加工がしてあること

(例)

  • 運転免許証  
  • パスポート  
  • 身体障害者手帳  
  • 船員手帳  
  • 小型船舶操縦免許証  
  • 宅地建物取引主任者証  
  • 電気工事士免状  
  • 無線従事者免許証  
  • 認定電気工事従事者認定証  
  • 特殊電気工事資格認定証  
  • 航空従事者技能証明書  
  • 運行管理者技能検定合格証明書  
  • 動力車操縦者運転免許証  
  • 外国人登録証明書  
  • その他官公庁がその職員に発行した 写真付きの身分証明書

(注)会社の身分証明書、学生証などは 該当しません

住民基本台帳ネットワークシステムポータルサイト

お問い合わせ先

市民生活部市民課 市民係

電話:0158-24-2111
内線:226番

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925