TOP > 公園 > 遊具の安全に対する基本的な考え方

遊具の安全に対する基本的な考え方

リスクとハザード

リスク

遊びの楽しみの要素で冒険や挑戦の対象となり、子どもの発達にとって必要な危険性は遊びの価値のひとつでもあります。
子どもは小さなリスクへの対応を学ぶことで経験的に危険を予測し、事故を回避できるようになります。また、子どもが危険を予測し、どのように対処すればよいかの判断が可能な危険性もリスクであり、子どもが危険をわかっていて行なうことはリスクへの挑戦です。

ハザード

遊びがもっている冒険や挑戦といった遊びの価値とは関係のないところで事故を発生させる恐れのある危険性です。
また、子どもが予測できず、どのように対処すればよいかの判断不可能な危険性もハザードであり、子どもが危険をわからずに行なうことはリスクへの挑戦とはなりません。

※いずれも国土交通省「都市公園における遊具の安全確保に関する指針」改訂版より引用

冒険や挑戦の対象となるリスクは遊びのひとつで、小さなリスクを経験する中で危険に関する感受性や事故への回避能力を高め自己防衛能力を養うことにつながりますが、ハザードは冒険や挑戦とは関係なく事故を発生させ、危険が予測できず対処の判断が不可能な危険性ということになります。

なお、ハザードには遊具の配置や構造、維持管理の状態が原因となる物的ハザードと、不適切な利用方法や遊具周辺での行動、子どもの服装や持ち物など利用者に起因する人的ハザードというものがあります。

紋別市の取り組み

・市(公園管理係)では、この遊具に関するハザードを解消すべく、直営(公園管理係)による点検と公園維持管理委託業者による毎月の点検(いずれも日本公園緑地協会並び公園施設業協会の実施による日常点検講習会受講修了者)、公園施設業協会加盟の遊具メンテナンス業者による年1回の専門点検を実施し、安全に遊具を利用できるよう管理しています。その他にも周辺町内会の皆様などにもご協力をいただき、意見等を頂戴して改善に努めています。


公園には一部の公園を除き、公園管理者は常駐しておりません。そのような状況で子どもたちの安全を保つためには、保護者、地域住民、利用者の皆さまと連携し、協力体制のなかで取り組んでいかなければなりません。
安心・安全に公園を利用できるよう皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。
     

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925