広域病院連携推進室

広域病院連携推進室からのお知らせ

医療の広域連合への取り組みについてお知らせします

紋別市が所在する西紋別地域においては、遠紋第二次医療圏の中で、紋別市、滝上町、興部町、雄武町、西興部村の5市町村を圏域として、道立紋別病院、町立病院等、民間医療機関がそれぞれの役割のもとに、地域住民への良質な医療の提供体制に努めてきたところです。
しかし、少子高齢化、過疎化の急速な進行や医療ニーズの変化、医師等医療技術者の不足、病院経営状況の悪化など、圏域の医療を取り巻く環境は大きく変化しています。

西紋別地域における医療の広域化検討協議会発足(H20.2.7)

こうした状況を踏まえて、次の視点により西紋別地域5市町村合意の上、広域化検討協議会が発足しました。

  • 地域医療を取り巻く厳しい情勢の中、従来の枠組みや役割にとらわれることなく、圏域全体として将来的に持続可能な医療提供体制を構築する。
  • 地域住民が身近な市町村、あるいは西紋別地域において、良質な医療を受けられ、健康で安心な生活を保つことができる医療環境を構築する。
  • 医療資源の集約化、効率化を進めることにより、無駄のない医療を実現し、病院経営の健全化が図られる体制を構築する。
  • 西紋別地域における医療の広域化検討協議会設置要綱PDFファイル(69KB)
西紋別地域における医療の現状

西紋別地域の状況

  • 少子高齢化、過疎化の急速な進行や医療ニーズの変化、医師等医療技術者の不足、病院経営状況の悪化など、医療を取り巻く環境は大きく変化しています。
  • 道立紋別病院を中心に医療を担ってきましたが、医師をはじめとする医療技術者の不足、患者の減少、医療費抑制による収益構造の悪化など、圏域の医療提供体制を取り巻く情勢は、極めて厳しい状況となっています。

道立紋別病院の状況

  • 道では、あらゆる手だてを講じて医師確保に努めていますが、卒後医師臨床研修制度導入などの影響により厳しい医師不足が続き、その確保が困難な状況となっているほか、常勤医の欠員や一部診療科の休止などに伴い患者数が減少するなど、厳しい経営状況となっています。
  • 道立紋別病院の医師数・患者数・経営状況の推移PDFファイル(75KB)

医師募集

道立紋別病院では、医師を募集しています。
詳細については電話で道立病院室または市役所まで問い合わせください。

【問い合わせ先】

  • 北海道 保健福祉部 医療政策局 道立病院室 経営管理グループ
    (郵便番号)060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
    電話 011-231-4111 内線25-861、25-862番
  • 市役所 広域病院開設準備室
    (郵便番号)094-8707 紋別市幸町2丁目1番18号
    電話 0158-24-2111 内線374番
西紋別地域の自治体病院の状況
医療の広域化の必要性
  • 卒後医師臨床研修制度導入などの影響による厳しい医師不足が続き、その確保が極めて困難な状況にあり、地域一体となった広域医療の先駆的取り組みにより、安定的確保を図ることが必要。
  • 限られた医療資源を有効活用し、地域に必要な一次から二次の医療機能を効果的に提供するため、担うべき役割を明確化し、相互に連携することが必要。
  • 医療を中心として、保健や福祉、介護サービスと一体となった地域における包括的なケア体制の重要性が増しており、配慮が必要。
  • 医療に対する住民の安心・信頼の確保と病院経営の健全化の両立を図ることが重要。
  • 総務省から示された「公立病院改革ガイドライン」において、「経営効率化」、「再編ネットワーク化」、「経営形態の見直し」の三つの視点に立って、改革を推進することが求められています。
西紋別地域における医療の広域化検討協議会

西紋別地域においては、一次医療は、各市町村(民間医療機関を含む)で実施し、中核医療機関である道立紋別病院の二次医療機能(救急を含む)を確保するため、1市3町1村が連携して一体となった広域連合を形成することを目指し、協議を行っています。
協議会においては、各市町村の考え方の整理を行い、広域連合による広域化連携のフレーム(構想)などを決定し、広域連合が運営する中核病院の基本となる運営形態、医師確保の取り組み、医師等の給与、勤務条件の設定、中核病院と各自治体病院との医療機能(ネットワーク)の体制、民間医療機関との連携などの検討を行い、平成22年4月から広域連合による医療提供体制をスタートすることを目標としております。
また、平成21年4月23日に西紋5市町村長連名で道立紋別病院の地域への移管に向けた協議書を北海道知事に提案しております。

北海道立紋別病院の移管協議等の経過について
  • 4月23日 北海道知事へ道立紋別病院の移管に関する協議書の提案
    提案書写しPDFファイル(3828KB)
  • 8月11日 道立紋別病院の移管協議に係る回答
    回答書写しPDFファイル(1150KB)
  • 8月31日 道立紋別病院の移管に関する協議書の再提案
    再提案書写しPDFファイル(1285KB)
  • 平成22年3月29日 北海道知事と移管にかかる大筋合意

北海道知事と移管にかかる大筋合意

北海道による赤字補てん期間は「8年間」で、新病院建設費等を含め支援総額は「98億円」。

  • 平成22年9月27日 北海道知事と移管にかかる覚書及び確認書締結

北海道知事と移管にかかる覚書及び確認書締結 北海道知事と移管にかかる覚書及び確認書締結

道立紋別病院が広域紋別病院に変わります

北海道と西紋5市町村の間で協議を進めておりました道立紋別病院の移管について、平成22年11月12日、運営主体となる広域紋別病院企業団の設立が許可されました。
現在、来年4月1日の病院開設に向けて準備を進めております。

今後も随時、情報を公開していきます。

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。
Adobe Readerの操作方法に関しては、「文字の大きさを変えるには」のページでご確認ください。

お問い合わせ先

広域病院連携推進室

電話:0158-24-2111
内線:374番

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925