TOP > 保険・年金・医療 > 介護保険 > 介護保険について > 介護保険における消滅時効について

介護保険における消滅時効について

事業者による介護報酬の請求(代理受領)

介護報酬は、各月分について翌月10日までに国保連に請求し、審査後、その翌月末までに支払うこととなっていますので、サービスを提供した日の属する月の翌々々月の1日が時効の起算日となります。

  1. 介護サービスの提供月が平成16年4月の場合
  2. 平成16年7月1日が時効の起算日
  3. 平成18年6月30日で消滅時効が成立【2年経過】

償還払い(福祉用具購入、住宅改修等)

償還払い(高額介護サービス費を除く)の場合には、代金を完済した日の翌日が時効の起算日となります。

例1
  1. 平成16年4月に購入又は改修した代金の完済日が5月25日の場合
  2. 平成16年5月26日が時効の起算日
  3. 平成18年5月25日で消滅時効が成立【2年経過】
例2
  1. 平成16年4月に購入又は改修した代金の完済日が6月25日の場合<
  2. 平成16年6月26日が時効の起算日
  3. 平成18年6月25日で消滅時効が成立【2年経過】

償還払い(高額介護サービス費の場合)

高額介護サービス費は月ごとに算定することから、サービスを提供した日の属する月の翌月1日が時効の起算日となります。ただし、自己負担分をサービス提供月の翌月1日以降に支払った場合には、当該支払った日の翌日が時効の起算日となります。

例1
  1. 介護サービスの提供月が平成16年4月の場合
  2. 平成16年5月1日が時効の起算日
  3. 平成18年4月30日で消滅時効が成立【2年経過】
例2
  1. 平成16年4月に提供された介護サービスの自己負担分を5月20日に支払った場合
  2. 平成16年5月21日が時効の起算日
  3. 平成18年5月20日で消滅時効が成立【2年経過】
例3
  1. 平成16年4月に提供された介護サービスの自己負担分を6月20日に支払 った場合
  2. 平成16年6月21日が時効の起算日
  3. 平成18年6月20日で消滅時効が成立【2年経過】

お問い合わせ先

保健福祉部介護保険課 介護給付係

電話:0158-24-2111
内線:470番

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925