TOP > ごみを捨てるには > かんたん分別!

かんたん分別!

まず、分別のイメージをつかんでいただくために「簡単ガイド」を用意しました。
ここでは、ごみそれぞれの「出し方・分け方」の細かいルールをかなり省略しております。
イメージではありますが、これだけ分別すれば、確実に一般ごみは減量できます。

資源ごみから始めよう

日常的に出るごみは、一般ごみと資源ごみです。 当然ですが、資源ごみを完璧に分別すれば残りが一般ごみとなるわけです。 資源ごみになるものには、ほぼ全部に次の識別マークがついています。

資源ごみ
識別マーク 具体的な例
ペットマーク アルミマーク スチールマーク 瓶 缶 ペットボトル スプレー缶 ジャム瓶
プラマーク ぷら容器 発砲スチロール ラップ トレイ ペットキャップ
紙マーク カップめんふた 菓子箱 紙コップ 段ボール 新聞紙

それでは、実際は?

それでは、実際の模範的資源ごみの写真で出し方をイメージしましょう

実際の模範的資源ごみの写真

少しわかりにくい写真ですが、要はびん・缶・ペットボトルで、透明袋でひとまとめ プラスチック類は、透明袋でひとまとめ 紙は、種類ごとにヒモで縛ってひとまとめこれを、資源ごみの日に出します。

それでは、残りが!?

資源ごみを分別すれば、結局残るは、一般ごみです。生ごみとかクズごみが残ることになります。それらは・・・

ごみ箱 → ごみ袋

このように、市指定ごみ袋(有料)に入れて出せば完成です。
つまり、資源ごみを徹底分別すれば、有料である一般ごみが減り経費節約になります。

お問い合わせ先

市民生活部環境生活課廃棄物対策係

電話:0158-24-2111
内線:278番

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925