TOP > 緊急・防災・防犯 > 防災情報 > 洪水・氾濫・水害とは

洪水・氾濫・水害とは

洪水・氾濫・水害の違い

洪水
洪 水

洪水とは雨や雪解けによって、川の水の量がふだんよりいちじるしく増えた状態をいいます。
河原へ行くと広い敷地のわりに細い川しか流れていませんが、それがふだんの姿です。
ところが、川幅いっぱいに水がおしよせると、広い河原も水の下にかくれて見えません。
このように異常に水が増えたときを「洪水」といいます。

氾濫
氾濫

氾濫とは、雨などによって、町や農地などに水があふれることで、 川から水があふれることを「外水氾濫」といいます。
川から水があふれたのではなく、町や農地に降った雨がそのままたまってあふれることを 「内水氾濫」といいます。

水害
水害

水害とは、水によっておこされる災害のことで、外水氾濫も内水氾濫も水害とよばれています。
ただし、海水による水害の場合は、高潮災害、津波災害といった呼び方をするのがふつうです。

浸水の深さの目安
浸水

お問い合わせ先

総務部 庶務課 庶務係

電話:0158-24-2111
内線:207番・401番

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925