TOP > 緊急・防災・救急 > 防災情報 > 指定緊急避難場所・指定避難所

指定緊急避難場所・指定避難所

  東日本大震災では、津波や地震などの災害に対する避難場所の安全性を確認せずに、最寄りの避難場所に避難した結果、かえって被災してしまったという事例があり、こうした事を防ぐため、災害対策基本法が改正され、地震や津波などの災害種別ごとに、当該災害から緊急に逃れるための「指定緊急避難場所」と、避難生活を送るための「指定避難所」を明確に区別することを柱とする「指定緊急避難場所等の指定制度」が創設されました。
  「指定緊急避難場所」の指定は、災害発生時等の円滑かつ安全な避難に結びつき、また、「指定避難所」を指定することで、被災者の安全な生活環境が確保されると共に、国等による的確な物資の救援が可能となります。
  この制度導入の義務化を受け、市では避難場所の現況調査を行い、国の基準に適合する市内の公共施設等を、平成27年10月1日より「指定緊急避難場所」及び「指定避難所」として指定しました。
  災害は、いつ起こるかわかりません。いざという時のために、日頃から指定緊急避難場所や指定避難所の位置と、自宅や職場等からの避難経路を確認しておきましょう。

【指定緊急避難場所】
  災害が発生し、または発生するおそれのある場合に、その危険から逃れるため緊急的・一時的に避難する場所や施設で「洪水」「土砂災害」「高潮」「津波」「火事」「内水氾濫」「地震」の災害ごとに適合性を判定し指定しています。

【指定避難所】
〇指定避難所
  被災した方が、災害の危険性がなくなるまで必要な間滞在する施設です。
〇福祉避難所
  指定避難所の一種で、災害発生時に、一般の指定避難所での生活が困難な高齢者や障がい者等、特別な配慮を必要とする方を受け入れるための二次的避難所です。
  福祉避難所は、必要に応じて開催される避難所であり、災害時に最初から避難することはできません。

※指定緊急避難場所と指定避難所は兼ねることができます。

【臨時避難場所】
  指定緊急避難場所等とは別に、臨時の際に、避難場所として二次的に活用する場所や施設です。

【指定緊急避難場所等一覧】   ⇒   こちらから  

【避難場所及び避難所マップ】 

    ※保健センター、緑高齢者ふれあいセンター、落石高齢者ふれあいセンター、
上渚滑高齢者ふれあい
センターにつきましては、福祉避難所となります。

※ご使用のブラウザのバージョンによっては、地図が正常に表示されない場合があります。設定を変更するか、他のブラウザにてご覧ください。

お問い合わせ先

総務部 庶務課 庶務係

電話:0158-24-2111
内線:207番・401番

紋別市役所
〒094-8707 北海道紋別市幸町2丁目1番18号
TEL 0158-24-2111 / FAX 0158-24-6925